本文へスキップ
HOME  デイケアセンター いしずえ まゆの家 法人案内 問い合わせ・アクセス OB/OG会 リンク
法人案内
認定NPO法人になりました

 横浜マックは、平成26年2月1日付けで認定NPO法人として
認可されました。

皆様からの賛助会員会費、寄付金が所得税から控除されます。

控除割合は、賛助会員会費、寄付金の40%
(住民税10%と合わせて最大50%)です。

 認定NPO法人とは? 



 法人沿革
 横浜マックは、アルコール・薬物等依存症者の社会復帰を支援するNPO法人です。

 1970年代、日本ではアルコール依存症は治らないと考えられて来ましたが、東京にアルコール依

存症者のためのリハビリ施設「みのわマック」が開設され、横浜からもアルコール依存症者が、みの

わマックへ通所し回復者が生まれました。横浜にもマックが必要との声が上がり、1983年アルコー

ル依存症者支援のために結成された後援会が、NPO法人横浜マックの始まりです。

 後援会は、アルコール問題について社会の理解を深めるためアルコール依存症出前講演会を各地

で開催し、1984年にはアルコール依存症者のためのリハビリ施設『横浜マック』を横浜市保土ヶ谷

区に開設しました。

1990年に後援会は解散しましたが、その活動は任意団体『横浜マック・アルコール・ケア・センター』

に引き継がれました。横浜マック・アルコール・ケア・センターは行政機関の理解を得ることに努めた

結果、1991年依存症者関係施設としては、日本で初めて「横浜マック」が横浜市精神障害者地域

作業所『横浜マック・デイ・ケア・センター』として認定されました。同時に、女性アルコール依存症者

支援のための宿泊施設の設置を進め、1992年には横浜市精神障害者グループホームとして『まゆ

の家』を開設しました。
 
横浜マック・アルコール・ケア・センターは活動の継続性、安定化を考え、2002年10月に『特定非営

利活動法人横浜マック』となりました。

会員募集

アルコール・薬物依存症者は、欠勤、交通事故など様々な社会問題を引き起こし、周りの人を巻き込

んでいきます。一人の依存症者の回復は、その周りで苦しむたくさんの人たちを救うことになります。

NPO法人横浜マックは横浜市の助成金を受けていますが、残念ながら十分とは言えず、皆様から

のご支援が必要です。
会員になり、横浜マックを応援して下さい。
正会員
年額1口    12.000円(1口以上:分割納入可)
法人会員
年額1口    50.000円(1口以上:分割納入可)
賛助会員
年額1口     1.000円(1口以上)
2017年5月末の会員数
正会員37名   法人会員2団体   賛助会員26名
申込先
NPO法人横浜マック   TEL 045−366−2650  FAX 045−366−2651
会費・寄付金の振込先
郵便局  
       口座番号  00240−6−62177
       口座名義  特定非営利活動法人横浜マック

横浜銀行鶴ヶ峰支店 普通口座
       口座番号  1634881
       口座名義  特定非営利活動法人横浜マック 理事長 宮永 耕

理事長 挨拶


希望に満ちた2014年に向かって

横浜マック常務理事
    アルフレッド・バーク
戸塚カトリック教会主任司祭