いしずえ寮の夜勤から
2019.07.01
疲れた目を書籍から離し時計を見た。夜中の12時を少し廻っていた。
カーテンを少し開け、外に目をやると車が一台通り過ぎて行ったが物音ひとつしない。
この建物は防音設備が施してあり、聞こえるのは新幹線の通る音とサイレン位である。
寮生達は一時間ほど前の、11時位に各自の部屋へ戻って行った。

自分の今居る所は、デイケアセンターの付属施設・男子寮いしずえのスタッフ室である。
今夜は夜勤のお泊りの日である。

約4年ほど前のいしずえ寮新設の時に、お手伝いいただけませんか? とのお誘いを頂きました。
お酒が止まって21年目の時でした。
依存症の病気の事は本人の自分が一番判っている事で有り、良く理解している!
寮内での問題事件発生等の対応を想像してしまい、先取りの不安からお断り致しました。
どういう訳か、その自分が今ここに居ります。しかも1年数ヶ月も経っているのです。
この間、先取りの不安だった問題や事件は一度も起こっていないのです。
寮内には11項目の規則がありますが、規則だけで成り立つはずがありません。
デイケアの職員といしずえ寮の担当職員との間の24時間の情報の交換と、密な連携プレー、相互理解、職員と寮生間の信頼関係、相手を信じる行動の実践、心と心、人間と人間の交わり、職員のプログラムの収得、努力、実践等々の歯車のかみ合わせがうまく作用しているからだと思います。
見る、聞く、話すが一番ですね!

さあ今夜も最終の夜間巡回をして仮眠させていただきます。


(いしずえ夜勤職員 Iさん)
2019.07.01 13:46 | 固定リンク | 未分類
ワン・ステップ&山谷マック感謝の集い
2019.04.23
利用者やOBが自身の12ステップについての経験等をスピーチするセミナーが多い中、音楽・ヨガ等のプログラムがあり、なるべく参加者を退屈させない工夫がされたセミナーであると感じた。
主催者の施設も日々行っているいるプログラム・行事は横浜マックと殆ど変わらず、日々出来ることを仲間と一緒に飲まないで行うことが大切だと思った。

元全国マック協議会議長のI氏の講演は興味深いものだった。依存症当事者でない方が長年に亙り、依存症の回復について携わり、勉強し、尽力してきた姿勢には感銘を受けた。
また、ビッグブックについての説明も参考になった。この病気が一般人には理解され難く、厄介者扱いされてきたが、最近では病気についての認識も少しずつ変わり、理解・協力してくださる方々が増えつつあることを教えて貰い、少しではあるが希望も持てた。しかしながら、AAメンバーが日本国内で約6千人と少ない現状も分かり少し残念に思うこともあった。

バンド演奏も迫力があり良かった。
施設立ち上げの苦労話で多くの時間を割くセミナーが多い中、施設の歴史紹介も簡潔で良かった。
遠方であることを除けば、大変良いセミナーだった。

(通所者 K・Tさん)



先日4月18日、ワンステップ&山谷マック感謝の集いに参加させて頂きました。
会場は大盛り上がりで、神奈川や埼玉からの参加グループもあり、びっくり。
午前のミーティングや音楽プログラム、ヨガプログラム、その中でも音楽プログラムでのウィーアーザワールドの演奏に感動、ヨガでリラックスした後、午後のプログラム、マックの今までの成り立ちや、神父様方の苦労、山谷マックが今に至るまでの苦労や皆さんの努力に強く心を打たれました。

これからもたくさんの施設のセミナーに参加させて頂くと思いますが1つ1つ心の中に留めて今後の生活に活かしていきたいと思いました。

(通所者 D・Mさん)
2019.04.23 10:11 | 固定リンク | 利用者さんの声
横浜マックセミナー
2019.04.11
平成最後の横浜マックセミナーが4月6日行われた。
スピーチをさせて頂いて感謝している自分がいる。
大勢の前で、今日一日、飲まない一日を継続する事を約束できたのだから。
お酒が大好きな自分、肝硬変をわずらっても飲んでた自分に対し猛省することも出来た。
仲間のスピーチも勉強させられる事が多く実りのある一日であった。
今後もセミナーには積極的に参加していく所存である。

(通所者 N・Cさん)
2019.04.11 09:33 | 固定リンク | 利用者さんの声

- CafeLog -